診療案内
午前 8:30〜12:30 ×
午後 3:00〜5:30 × ×
診療時間補足

※ 手術日のため外来休診
△ 土 午前8:30〜午後2:30
補聴器相談水曜午前

休診日
日・祝日・木曜午後

③分子整合性栄養療法(オーソモレキュラー)

分子整合性栄養学という分野があるのをご存知でしょうか。英語ではオーソモレキュラーニュートリッションと言いますが、1954年にノーベル化学賞を受賞したライナス・ポーリング博士が1968年に書いた論文の中で初めて使った言葉で、その意味するところは「人のっ体に関わっている分子(栄養素)を指摘濃度に保つことによて、生体機能を向上させ、病態改善を図る治療法」とされます(栄養療法の日本におけるパイオニア溝口徹医師の意見)。

そのきっかけを作ったのは、カナダ人精神科医師のエブラハム・ホッファー博士です。ホッファー博士は1952年に、現在統合失調症と呼ばれている精神疾患の一部にビタミンB3(ナイアシン)不足によって起こっている群があることを見出し、このビタミンを補充することで見事に治癒したのです。

そのことに刺激を受けたポーリング博士は、ビタミンCの働きに注目して研究を重ね、ウイルスやがん細胞に対する有効性を発表しました。現在でこそ、この理論はある程度認められてきていますが、当時は時の権威から全く無視されるか、まちがった理論と非難されていました。

さて、病気を治療するためには正確な診断をして、それに対して有効性の認められている薬剤を投与するのが一般的です。しかしながら、薬を代謝して有効な成分を作り出す方の生体に栄養障害があれば、飲んだ薬は必ずしも有効に働かないのです。

オーソモレキュラー療法は、個人の栄養状態を詳しく調べて、足りない栄養素を補給して、人の体にもともと備わっている病気に対抗する機能をフルに発揮させるための治療法です。

ーみみだより 花だより 第209号 平成26年8月よりー

ご予約・お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのご予約・お問合せはこちら

0996-20-3311
診療時間
午前 8:30〜12:30
午後 3:00〜5:30
木 手術日のため外来休診  土   午前8:30〜午後2:30
※補聴器相談水曜午前
休診日
日曜、祝日、木曜午後
(その他院長学会時)

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

0996-20-3311

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

診療時間

診療日
 
午前 ×
午後 × ×
診療時間


午前 8:30〜12:30
午後 3:00〜5:30
※手術日のため外来休診
△土 午前8:30〜午後2:30

補聴器相談水曜午前

休診日

日曜、祝日、木曜午後
(その他院長学会時)

ご予約・お問合せ

お気軽にご連絡ください。

0996-20-3311

アクセス

0996-20-3311
住所

鹿児島県薩摩川内市高城町1945番地1

おれんじ鉄道上川内駅より
20分