診療案内
午前 8:30〜12:30 ×
午後 3:00〜5:30 × ×
診療時間補足

※ 手術日のため外来休診
△ 土 午前8:30〜午後2:30
補聴器相談水曜午前

休診日
日・祝日・木曜午後
※原則として祝日のある週の木曜は午前診療
木曜

月に1回、専門業者にて清掃およびワックス
がけを行っております

ご予約・お問合せはこちら

0996-20-3311

◎クレジットカード使えます

慢性上咽頭炎について

『慢性上咽頭炎』という言葉、聞き慣れない人も多いと思います。

近ごろ、当院にお越し下さる患者さまに増えている疾患です。

慢性副鼻腔炎の治療を行っているのに、なかなか後鼻漏(鼻のうしろに流れてのどにベッタリくっついている鼻汁)が止まらない、痰や咳が続いている。

そんな症状がある方は、もしかしたら『慢性上咽頭炎』かも知れません。

詳しい内容を『つらい不調が続いたら慢性上咽頭炎を治しなさい』という本から引用します。

 

『つらい不調が続いたら慢性上咽頭炎を治しなさい』

医師・医学博士 堀田 治先生著 あさ出版  

本書はこういう不調に悩んでいる方のための本です。

□頭痛(偏頭痛、緊張型頭痛) □起立性調節障害 □首こり・肩こり □全身倦怠感・慢性疲労感(特に午前中) □後鼻漏 □嗄声(声かれ)□慢性咳嗽(せきぜん息) □咽頭違和感(のどが詰まった感じ) □顎関節障害 □めまい(フワフワ感) □不眠 □上背部重苦感 □じゅう明(光が眩しい) □鼻閉(鼻づまり)、花粉症 □慢性痰 □咽頭痛 □全身痛 □多歯痛 □舌痛 □過敏性腸症候群(下痢、便秘、腹痛) □思考力・記憶力・集中力の低下 □うつ □月経異常 □IgA腎症 □胸肋鎖骨過形成、関節炎 □慢性湿疹 □機能性胃腸障害(胃もたれ) □しびれ □不安障害 □むずむず脚症候群 □微熱 □ネフローゼ症候群 □掌蹠膿疱症 □炎症性腸疾患

ここにあげた不調の「おおもと」は実は共通しています。そのおおもとは鼻の奥にあります。その名前は、上咽頭(じょういんとう)。左右の鼻の穴から吸い込んだ空気が合流して、下の気管に向かって流れが変わる、中咽頭へ通じる空気の通り道です。

この上咽頭が、慢性的に炎症を起こしている状態「慢性上咽頭炎」がさまざまな不調の原因となっていると考えられています。

慢性上咽頭炎は、実にさまざまな体の不調と密接に関連しています。そして、慢性上咽頭炎を治すことで、関連する症状が劇的に改善していきます。

それでは、慢性上咽頭炎を治す方法をご紹介しましょう。その方法は「上咽頭擦過療法」と言い、鼻から塩化亜鉛をしみこませた綿棒を使って、咽頭をこすりつけるだけです。

こすりつけるだけですが・・・・・・炎症があるとすごく痛いです。すごく痛いですが、効果はあります。痛いのはちょっと、という人には痛くない方法もあります。上咽頭擦過療法に及びませんが、効果を実感できるはずです。

慢性上咽頭炎の有無は病院で調べるのが確実です。 巻末に慢性上咽頭炎治療に対応した病院の一覧を掲載していますが、自分で調べることもできます。

↓↓↓

耳の下の筋肉と交わったところを3本指で押して痛みがあったら上咽頭に炎症がある可能性が高いです。

もしも、つらい不調が続いているなら、慢性上咽頭炎を治しましょう。痛いけど効きます。

ご予約・お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのご予約・お問合せはこちら

0996-20-3311
診療時間
午前 8:30〜12:30
午後 3:00〜5:30
木 手術日のため外来休診  土   午前8:30〜午後2:30
※補聴器相談水曜午前
休診日
日曜、祝日、木曜午後
(その他院長学会時)

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

0996-20-3311

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

サイドメニュー

診療時間

診療日
 
午前 ×
午後 × ×
診療時間


午前 8:30〜12:30
午後 3:00〜5:30
※手術日のため外来休診
△土 午前8:30〜午後2:30

補聴器相談水曜午前

休診日

日曜、祝日、木曜午後
(その他院長学会時)

ご予約・お問合せ

お気軽にご連絡ください。

0996-20-3311

アクセス

0996-20-3311
住所

鹿児島県薩摩川内市高城町1945番地1

おれんじ鉄道上川内駅より
20分